ゴールデンウィークの営業|戸田市の鍼灸・整体「しんきゅうマッサージ リオ」

営業時間表

代表施術者:院長 須田 真侑子

  • 電話番号
  • 埼玉県戸田市本町1-16-13
  • 戸田公園駅から徒歩2分
アクセス

ゴールデンウィークの営業

ゴールデンウィークの営業についてお知らせです。


・4月29日13〜18時営業(午前中は勉強会のため休診)

・4月30日(土)通常営業

・5月1日(日)通常営業

・5月2日(月)休診

・5月3日(火)定休日

・5月4日(水)10〜18時営業

・5月5日(木)10〜18時営業


スタッフにより、お休みをいただく場合があります。詳しくはお電話でお問い合わせください。

2022年4月10日で、しんきゅうマッサージリオは20周年を迎えました。
ご利用いただく皆さま、応援してくださる地域の方々、これまで関わってくださった全ての方に、深く感謝申し上げます。
これからも皆さまの心身の健康に貢献すべく、スタッフ一同、精進してまいります。
これからもよろしくお願いいたします。

こんにちは、リオスタッフ山田です。先日、腰痛についての勉強会を行いましたのでその内容について、ご紹介いたします。
腰痛とは、腰へ感じる不快感や張り感、痛みなどの症状を総称したものをいいます。また、これらの症状が3ヶ月以上続くことを慢性腰痛といいます。
原因として考えられるのは、骨そのものの問題や、椎間板、筋肉、靭帯などの組織の問題です。椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症もその一例です。しかし、慢性腰痛では骨や組織に問題がなくても症状が続きます。
慢性的な痛みは、脳の不具合によるものもあることが近年知られています。脳は痛みを感じると神経伝達物質を放出し、痛みを和らげようとする仕組みがあります。しかし痛みが続くことで、不安や動くことへの恐怖心が生まれます。それらを感じ続けるストレスによって、上記であげたような仕組みがうまく働かなくなり痛みをさらに長引かせてしまうのです。この痛みの場合は、「腰を動かしても大丈夫」「普段からこれをしているから大丈夫」など、安心感や自信を持つことで脳によい影響を及ぼし結果的に腰痛が和らぐ事につながります。
リオでは骨盤の上に頭が乗っている状態を「良い姿勢」と考えています。そうでない姿勢で日常の生活を送っているとどうしても身体の使い方が偏ってしまい痛みやコリを生んでしまいます。身体を偏った使い方を無くすためには、「良い姿勢」を身体と脳に学習させる必要があります。

リオでは整体コースで骨盤や背骨を調整し「良い姿勢」をサポートします。また、鍼灸コースでは偏った使い方によって生まれてしまった症状へ直接アプローチします。患者さんの体の状態を一緒に確認し、それに合ったメニューをご提案いたします。体を動かすことの不安感を拭い、自信がつけられるようお手伝いをさせていただければと思いますので、お悩みの方はぜひ一度リオへお越しください。

この度株式会社RICO・RICOは、「健康経営優良法人2022」に認定されました。

健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

※詳しくは経済産業省ホームページをご覧ください(https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/kenkoukeiei_yuryouhouzin.html)

認定を受けるにあたり、弊社社長は「社員の多くが10年以上勤めてくれており、社員の健康に問題が起きたときには会社としての責任が言い訳できないと感じ始めていました。また、社員の健康が弊社の利用者様へ伝わり、それが地域の健康寿命の向上へとつながるという想いがあります。自分の価値、趣味を大切にすることもまた皆の健康へとつながると考えています。行動とそれをサポートする栄養と休息、そして人生に彩をもたらすやりがいのある仕事を進めていけるよう邁進しています。」とコメントを発表いたしました。

長く勤めているスタッフの中には、働き方の変更に戸惑いもありましたが、実際に始めてみるとさまざまな気づきがありました。
時間に余裕があることで、自然を肌で感じる機会が増えたり、自分の体調の変化を受け止め、労わる生活を体感できました。
仕事が好きなのだから休まなくても…と思っていたスタッフも、離れてみたからこそ俯瞰して気づくことが増えました。そのため、施術内容や環境の改善をはかれたり、行動にうつしやすくなりました。
また、休むためには連携が不可欠なので、仲間の存在やコミュニケーションの大切さも再認識できました。

好きなことを見つける、そのために素直に行動できるというサイクルが、心身の健康につながると感じられています。趣味や新たなジャンルに楽しみを見つけたり、やっぱり仕事が楽しいと思えたり、スタッフそれぞれに自分の価値観を再認識しています。
こうした経験を通して、生きた健康のための提案をしていきたいと思っています。

2022年2月の祝日の営業についてお知らせです。

2月11日(金)

2月23日(水)

は、10:00〜18:00の間、営業いたします。

(保険診療はお休みです。)

出勤スタッフが平日と異なる場合があります。

ご指名などある場合には、お電話にてお問い合わせください。

いつもご利用をありがとうございます。

年内の営業は、30日(木)の15時まで。

年始は1月5日(水)の10時から営業いたします。

何卒よろしくお願いします。

リオスタッフ山田です。先日神経痛について勉強会を行いましたので、ご紹介いたします。


神経痛とは、末梢神経のうちの痛みや熱さなどを感じる感覚神経がなんらかの原因で刺激されて、神経の支配する範囲に沿って生じる痛みのことをいいます。

神経痛には、原因がはっきりしている症候性(続発性)神経痛と、原因がはっきりしていない特発性神経痛の2種類が存在します。

原因がはっきりしている神経痛の代表的なものは、三叉神経痛や肋間神経痛、坐骨神経痛です。

いずれも、からだの歪みや骨折などによって、物理的に神経へ刺激を与えてしまう場合や、筋肉の過度な緊張が原因で神経を狭窄してしまうことが原因にあります。


神経痛の一般的な治療として、症状が重度の場合は神経の働きを抑制するようなお薬が処方をしたり、コルセットを装着させ安静にする指導を行います。症状が軽度であれば、ウォーキングやストレスなど日常の中でも行えるような運動指導を行います。


そんな症状でお困りの方へ、リオでは鍼灸コースやマッサージ、整体コースなど様々なコースをご用意しております。

鍼は原因となる筋肉の硬さをゆるめたり、過剰に反応してしまう神経の活動を抑制する作用があるため、おすすめです。

整体コースでは、痛みの出るタイミングなどから、内容を吟味します。物理的に神経へ刺激を与えてしまっている場合は、関節の動きを調整します。体の偏った使い方が原因で、筋肉に硬さが出てしまっている場合には、正しい体の使い方ができるように調整いたします。


生活の質を落としてしまう神経痛。お悩みの方はぜひ一度リオへお越しください。

リオスタッフの山田です。

今回は「胃もたれ・食欲不振」について勉強会を行いましたので、ご紹介させて頂きます。
まず、胃もたれについてお話ししていきます。胃もたれとは食事の間や食事の後に胃が重く感じる症状のことをいいます。食べすぎや飲み過ぎによる消化不良や、ストレス、自律神経の乱れ、ピロリ菌感染、胃の機能低下などが原因で起こります。
次に食欲不振についてです。食欲不振とは食物を摂取したいという生理的な欲求が低下、喪失した状態のことをいいます。先程紹介した胃もたれが原因で食欲が低下してしまったり、副作用、加齢、精神的ストレス、風邪などによる体の不調など、さまざまなことが原因で起こります。
一般的にはどちらの症状に対しても、血液検査や内視鏡検査で異常がなかった場合、生活習慣の改善や食事指導、胃の働きを促進する薬などで治療をします。
リオでは、こういった症状でお困りの方へ鍼灸をおすすめしています。鍼灸は自律神経の働きに対して効果があるいわれています。消化器は自律神経によってコントロールされているものが多いので、とても有効的です。また、胃腸の症状に対しては「足三里」と言われる特効穴なども存在するので、ぜひ鍼灸を試してみてはどうでしょうか。
鍼が苦手な方にはマッサージもおすすめしています。先程伝えたように、消化器は自律神経によってコントロールされています。マッサージで体の緊張感を緩和させて副交感神経を優位にすることで、胃腸の働きを良くします。一人一人に合わせた治療を行いますので、ぜひご相談ください。

リオスタッフの山田です。 今回紹介させていただく内容は、「関節拘縮」についてです。 関節拘縮とは、関節の可動域が制限されて曲げたり(屈曲)伸ばしたり(伸展)するのが困難になる状態のことをいいます。 怪我などがきっかけで皮膚や、靭帯などの結合組織、筋肉の組織内にコラーゲンが増えてしまい、線維化することが原因で起こります。また、神経性の疾患が原因で関節可動域に制限がかかるものも多くあります。 一般的な治療法としては、筋肉の萎縮が起こっていた場合には筋肉を緩めるお薬投与するなどの薬物療法、ストレッチをはじめとした運動療法、温熱・寒冷療法を主体とした理学療法など、様々な方法があります。 これらの症状でお困りの方へ施術を行う場合、リオではマッサージやストレッチ、電気療法を特におすすめしております。筋肉や関節に対しては特殊ストレッチがとても有効的で筋肉の緊張感を少しずつ軽減させます。電気療法では立体動態波と言われるものや、超音波を用いての治療がございます。 医師の同意が得られた場合は、関節拘縮と筋麻痺はマッサージの保険適用となります。詳細につきましてはお電話にてお問い合わせください。

リオスタッフの山田です。
今週のスタッフ間での勉強会テーマは「機能性ディスペプシア」についてでした。その内容を少しご紹介いたします。

機能性ディスペプシアとは、胃もたれや胃痛など胃の不調があるにもかかわらず、検査をしても異常が見つからないものをいいます。

胃の働きに異常がある場合に、機能性ディスペプシアが起こると考えられています。どうして胃の働きに異常が起きるのでしょうか。

胃の機能は自律神経によって調節されています。そのため、強いストレスや生活習慣などで自律神経のリズムやバランスが乱れると、胃の運動が低下したり胃酸などの刺激に敏感になる、知覚過敏を起こしやすくなります。

一般的な治療としては、消化管運動機能の改善薬や胃酸の分泌を抑える薬を処方されます。胃の働きに敏感になっている場合、抗不安薬や抗うつ剤、漢方薬が処方される場合もあります。

薬の服用だけでなく、しっかりリラックスする時間を作り自律神経のバランスをとりやすい生活習慣を心がけることが必須です。

 

リオではそういった症状でお困りの方に、鍼灸コースをおすすめしています。

鍼灸は、自律神経の働きに対しての効果が認められています。特に胃もたれや膨満感がある場合には胃の働きを促すツボ、痛みや灼熱感がある場合には胃の熱を取るツボなどの特効穴といわれるものが存在しており、それらを利用して治療を行います。

胃の働きだけではなく、他の身体の不調に対するストレスで、機能性ディスペプシアを起こしている場合は、その不調に対しての施術も同時に行います。また、施術中の心地よさや施術後のスッキリ感がリラックスにつながるため、鍼灸だけではなくマッサージやストレッチをメインとした整体もおすすめしております。

ひとりひとり適切に安心できる治療をご提案させていただきますので、この症状でお困りの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

トップページへ戻る

料金表
アクセス
院情報
料金表
アクセス
院情報
住所
埼玉県戸田市本町1-16-13
戸田公園駅から徒歩2分
診療時間
10:00~21:00
※火曜・祝日は定休日
電話番号
048-441-1189
電話番号
デイサービスはればれ